m i

気まぐれです


ずっと考えたりしてるのって無駄じゃなくって、今日みたいな日に何も厭わずに動けるようになった、それだけ大切ってこと

 

白日の、誰かのために生きるなら正しいことばかり言ってらんないよな が本当にそうだと思う 


ちゃんと守れなくてごめんね何ができるかわからないけど力になりたい




どんどんこうなっていったらどうしよう


最近は、本番前の疲れとかあったからわかるけど、この感じが定着したらと思うと怖い


あなたといるときしかほんとの笑顔が出ないことに気づいてしまった


一緒にいる時の自分があまりにも楽しそう、というか、楽しくて、ただいるだけでこんな風になることができるなんて って だから一緒じゃない日はどこかつらい


いくらちゃんとわかってても自信を持つことができない自分が嫌だ


会いたい 


考えごと


なんかいまふと、自分は人間としての魅力が無い気がして、というか前からたまに思ってたことではあったけど、どうしてこうも薄っぺらいのだろうか。これからもたぶん薄っぺらい人生を歩むんだろうなと確信してしまっている。


どうせ生きるならなにか残したいと思ったりもするけど、なにかってなんだ。少しだけ得意なこととかあるけど、まあそれは少しだけだし、もう、どうしたらいいんだ。


何も持ってないくせに、真面目に生きていない。だらしない。でも、それが治る気もしない。とか言ってるのがもうダメ、治せって話、もうほんとにどうしたらいいんだ。


普通に働いて、土日羽を伸ばすことを楽しみに生きようと思ってた…今もそう思う。でも、なにかしら他にも楽しみを見出したいと思った。今週はやけにこういうことばかり考えるな、どうしたんだ。




ああまたか、と思ってしまったけど、そう思う自分はまだ未熟だと思う、彼自身そうしたくてそうしているわけではないし、無理して会い続けて前みたいに一気につらくさせてしまうのは一番の彼の負担だから。


そんなふうに少しもやもやしていたけど、やさしい歌を聴いているとつられて優しくなった。自分を強く持とう。大切な人は、私を弱くさせるし、強くもしてくれる。いつでもあたたかくやさしくいたい。それなのに、まだ子供だ、常に自分を一番に考えている。こういうのは、少しずつまわりに伝わってしまうのだろうな。もっと大きい人間にならなきゃいけないと、特にアルバイト中なんかに思う。


昨日は渋谷の本屋で、目をつけていた綿矢りさの生のみ生のままでを見つけ、猛スピードで上の半分を立ち読みした。そのあと地元の本屋で上下合わせて買って貰い、もう読み終わった。


わたしが大好きなタイプの本だった。ジャンル分けするなら、白いしるしと同じかな、少し違うけど。ああいうのがとても好きで、読みながら泣けてきた。こういう本を読んでいる時、私はいわゆる泣けるシーンで泣くのではなくふたりが幸せそうにしているところで泣いてしまう。彩香が愛しくて仕方なかった…。

また今日も読み返したい、そしてはやく文庫になって、、普段の小さいバッグからは、きっと、はみ出す。


こうやって文字にしていると、落ち着くし、すっきりすることを、いま改めて実感している。混んだ電車もストレスに感じない。


それにしても昨日は自分に余裕があった、会えなくなったのに、なぜだろう?今週はそういう傾向にある。プラスアルファのことがしたいのだ、だから久しぶりに本も読んだ。いとこに付き合って絵も描いた。すごく満たされた。こういう時間の大切さを感じたけど、逆にこればっかりじゃ物足りなくなることも知ってる。バランスが大事だけど、偏るものだ。



この一個前の記事から


私はこの次の日の3/2、付き合った。3/2というか、3/1にしていた電話の延長線上だった。このあたりの沈んでいた自分に教えてあげたい、こんな風になれているよと。


そして、こうなっても、難しいことは多くて、でも幸せで、ずっと一緒にいたいと。


あまり泣かないはずの私がすぐに泣いていて、それは悪い変化じゃない


知らないことを沢山知ったしこれからも知るんだ、でもまだ確かじゃないことがこわいんだ、こんな日も、あなたが一番つらいのはわかってるのに、それでもあぁ、、と思ってしまう自分が未熟で嫌になるけど、それにも嘘はつけないから仕方ない、、


熱にうなされてる時考えてて、ようやく送ったとおもったらあんな感じで、次は返事すら来なくて、それもあなたがつらいからってこと重々承知なはずだけどそれでも泣いちゃった

治ってきて朝方にあなたから電話がきたと思って声を潜めて急いで電話に出たけど夢でそれでも泣いちゃった


ほかのひとからしたら、たったの三日間だって思われるかもしれないけど大きい、あなたにとってはどうなんだろうか


俺は弱いよと前に言ってたけど、それは知ってたし、そこも好きなのよと言いたいけど、なにも言わなかったよ またあの穏やかな街につれていってね


私のことは、どう思っているの



認めたくない


認めなくない

けど泣きそうになるてか涙が出る以上は認めるしかないうん好きなんですねはい


こんなパターンは初めてで、、いや初めてっつっても母数が少ないからな、っていうのを何回もやってる 気付かないだろうな あっちが鈍感なのか、私がなにもそういう感じを出していないのか、

強引にこられるとだめ押しに弱いみたいなこと言ってたけど、それは私でもなの?友達スタートでも?これを崩すのが怖い


あの話を聞いた途端私は顔作れなくなったし、それで察してほしい、まさか、とは思っても


てかそれ関係なしに、友達としても特別でいたいと思うのに、〜に話したからもう大丈夫って、そんなんそんなんなくない?なんで私はこう独占欲強いんだろう誰だよってな なんだろう、キスしたいとかそう思うわけじゃないけど他の人とそういうことになってほしくないし、そしたら私に構ってくれなくなるし、やだ もうここまで意識されないのって逆に珍しい


たしかに私だってドキドキするわけではないんだよねそこなのよ、そこ だから少し迷うのこれはただの執着心と独占欲だろうと でもきっと抱きついたら安心するとおもう 優しいよね〜なんだかんだね、うん 


もしいったらどうなるんだろう気付けよ今の時点で 少し自惚れろ!


でもしうまくいって、、いや、上手くいく想像がつかない、こんなことってあるかよ

たぶんほんとに脈なしなんだろうな、かなしい、私がこんなことになるなんて思ってもみなかった



今日はずっと沈んでいる


タイトル通りな感じだったけど、仲のいい子からラインがきたら自然と元気になってた


どこからが好きだろうかと考えたけど、好きだったらそんなこと考えず あっすきってなってるのでは?とか いやでも友達スタートの前例がないから気付いてないだけでは?とか

日々いろいろ考えてます

どこからが好きだよ〜〜ほんとに 


西加奈子の白いしるしのような恋の仕方が私の中での正解というか、自分的にしっくりくる形なので、、まずそこがいけないんだけどね あれあかん形の恋よね 


あとさいきん音楽が響かないの まえは韓国のおしゃれミュージックとかシティポップとかきくともういい気分になって浸ることができたけど、最近ずっとできない ああ、うんって感じにしかならない 


もうなんか自分嫌いだよ、未熟すぎてそりゃそうとなるだろうよとも思う 甘いよね〜でもみんなそんなもんじゃない?や違うか

でも向上心がないことに関しては嫌悪感がない 仕方のないことだもん ね そういう人もいるのよ


ただほんとに今日はなぜかつらくて、あーこういうときにサンディエゴにホームステイに行くべきだったんだなって思う 小6じゃ感じ取ることができないものの方がそりゃ多いわ 


あのからっとした空気感の中で、自然に囲まれながらのんびりしたい アイスとか食べてチルしたいって思った てか私が自然に囲まれたいって言うって大分やばい精神状態だと思う なんか自然に縁がないのよね、魅力感じないし インスタに少しだけある緑の写真がまあ違和感を感じさせるあの並びの中で


いやもういまサンディエゴでアイス食べたい以外の感情ないわ ソファで映画も観たいね んで動物たちとも触れ合ってプールでゆっくりしたいあああまじで今行きたい 今初めて留学行きたいって人たちの気持ちわかったわ こういうことね いや違うと思うけど